カフェ・飲食店コロナウイルス対策 売上影響時の運転資金確保について

 
 
 

新型コロナウイルスで売上が大幅落ちこんだ
カフェや飲食店、旅館業向けに
日本政策金融公庫から特別融資が発表されました。

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う
カフェや飲食店の対策については下の記事で解説しています。

[getpost id=”5315″ target=”_blank”]

コロナウイルスによるカフェや飲食店への大きな影響

新型コロナウイルスで経済活動が縮小傾向にあり
カフェやレストランといった飲食店も
客数の激減による売り上げの低下など影響がでています。

「対処しようがない」”新型コロナ”影響で飲食店の約半数が売上減…その実情を聞いた – FNN.jpプライムオンライン

インバウンド関連では
上野公動物園そばの和食レストランでは
『街から中国人観光客が消えてランチの売上に甚大なる影響がでている』
との声を聞いていますし
また銀座の街からも目に見えて
中国人観光客の姿が消えています。
普段は旅行用鞄を求める中国人で人気の
銀座の鞄屋さんの中国人スタッフは
『暇で暇で仕方がない』
と半笑いでした。

コロナウイルス 中国人 観光客減少

 

また日本国内でも
勤務形態のリモート化
相次ぐイベントの中止などは
感染する確率を減らすための行動で
店舗サイドとしては即効性のある
売上回復策が無いのが実情です。

ただこのコロナウイルスの緊縮活動が
いつまでも続くかわからない状態で
店舗とてしてもどう対策していいかわからないまま
売上が下がり、経営が厳しくなり
身動きがとれなくなる前に
運転資金を確保する行動を
選択肢の1つに入れてみてもいいかもしれません。

日本政策金融公庫によるコロナウイルス対策融資

日本政策金融公庫によるコロナウイルス対策融資

2020年2月14日に日本政策金融公庫に
新型コロナウイルスに関する相談窓口設置され
コロナウイルスで売上が下がった店舗向けの
特別融資が開始しました。

日本政策金融公庫 新型コロナウイルスに関する相談窓口 概要
・旅館業、飲食店営業及び喫茶店営業が対象
直近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較し
10%以上減少かつ今後も売上高の減少が見込まれること
今までの融資実績とは別枠で飲食店・喫茶店は上限1000万
(旅館業は上限3000万円)
取り扱い期限は2020/8/31(月)まで
(2020/2/24現在 今後の状況で延長の可能性あり)

詳細は日本政策金融公庫のHPで確認してください。

新型コロナウイルスに関する相談窓口|日本政策金融公庫

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP