カフェコンサルタントお勧め!船橋市で美味しいコーヒーが飲めるお店

カフェコンサルタントお勧め!船橋市で美味しいコーヒーが飲めるお店

2018/4/6 更新

2017/12/30 magome coffee projectさん2周年

千葉県船橋市馬込沢にある珈琲焙煎所 magome coffee projectさんは
2015年12月30日に開店してから 『コーヒーで人生に彩りを』 をテーマに
超本格的なコーヒーを誰にでも楽しめることで
地元の人に愛されているのはもちろん、
遠方からもお客様がいらっしゃる実力店。


瀧澤も2周年のお祝いに行ってきました。
ただ手ぶらでいくのもなんだかなぁ、
と思ったので magome coffee projectさんと仲がいいお店の方に 協力してもらい寄せ書き書いてもらってサプライズ。
みんなノリノリで書いてくれました。
いえーい。 船橋 magome coffee project 2周年

コーヒーの街 千葉県船橋市

この船橋という土地は 2018年2月9日船橋シャポーにスターバックスコーヒーのネクストブランド 『スターバックス・リザーブ』 のオープンが決まっているほか
2016年6月World Brewers Cup 2016にて日本人初の決勝進出、
そしてアジア人初の世界制覇を達成したバリスタ粕谷哲さんも
船橋シャポーにRUDDER COFFEEで出店と明らかにコーヒー熱が盛り上がっています。 船橋コーヒー RUDDER COFFEE スターバックスリザーブ船橋コーヒー RUDDER COFFEE スターバックスリザーブ しかしこの盛り上がりを支えているのは
間違いなく日本でも屈指の個性的かつハイレベルなお店の数々と
そのお店をまとめている船橋コーヒータウン化計画
そしてそれぞれのお店が、ライバルとして切磋琢磨しつつ
情報交換を密にしてお互いを高め合っている関係性なのです。
(なので寄せ書きもスムーズにいきました)
なので、この機会に寄せ書きに書いてくれたお店+αを紹介したいと思います。
正直、どのお店も一度は行ってほしいカフェコンサルタントのしてもお勧めのお店です。

JR船橋駅・京成船橋駅

珈琲焙煎専門店 アダチコーヒー

船橋コーヒー 珈琲焙煎専門店 アダチコーヒーオーダーを受けてから珈琲豆を焙煎して お客様に渡す、
という珍しいスタイルの珈琲焙煎所です。
お店には生のコーヒー豆がズラリと並び
焙煎した豆をその場で選り分けてくれます。 船橋コーヒー 珈琲焙煎専門店 アダチコーヒー ドリップパックもその場で対応してくれます。
1袋に8杯分入っているので、ちょっとしたお土産にとても便利です。 船橋コーヒー 珈琲焙煎専門店 アダチコーヒーまたテイクアウト限定ですが ハンドドリップでコーヒーを飲むこともできます。 船橋コーヒー 珈琲焙煎専門店 アダチコーヒーその場で焙煎してくれると、いうのがやっぱ嬉しいですよね。
ちなみに前もって連絡すれば来店してすぐ受け取ることも可能です。


Coffee&Canzume Bar ユーべル

船橋コーヒー coffee&canzume bar ユーベル

 船橋市馬込沢にあるコーヒー焙煎所ユーべルさんの 息子さんがオープンしたコーヒーと缶詰がコンセプトのBarです。
お店に昔から伝わる大型の焙煎機でゆっくり焙煎した滑らかなコーヒーです。
カフェというよりかはバースタイルで営業しています。
壁にズラリと並んだ缶詰をつまみに コーヒーハイボールで一杯やるのがお勧めです。 船橋コーヒー coffee&canzume bar ユーベル今回の寄せ書きにも書いてほしかったのですが
瀧澤のスケジュールの都合でお店に寄ることができず・・・
とりえずお店をご紹介させていただきます。

 

RUDDER COFFEE(ラダーコーヒー) シャポー船橋

RUDDER COFFEE(ラダーコーヒー) 2018年2月9日に船橋シャポーがリニューアルしたと同時にオープンした
コーヒースタンドです。
 ちょっと前の文とこの後のドトールさんの紹介文でも書いてますが
船橋コーヒータウン化計画の中心の梶さんが店長です。
RUDDER COFFEE(ラダーコーヒー) 昼メニュー
 RUDDERCOFFEE(オリジナルのブレンドだそうです)をいただきましたが、
酸味が抑えめの柔らかい味でした。
 個性はハンドドリップのオリジンでいろいろだすので、
ブレンドは船橋のお客さんの嗜好に合わせにいったのかな?
って勝手に想像(笑)
 秘密基地っぽいお店の雰囲気がなんか好きですね。

ドトールコーヒーショップ 船橋南口店

船橋コーヒー ドトールコーヒーショップ船橋南口店 なんでこの流れでドトールが、と思うかもしれませんが
こちらのドトールはなんと バリスタチャンピョンシップ決勝進出メンバーが4人いるという
ドトールらしからぬドトールなのです(笑)
 通常メニューにはなにも書いてありませんが
オーダーする時に 『ハンドドリップのメニューをください』
と言えば専用のメニューがでてきます。
 そしてそのバリスタさんを育て上げたのが
以前ここで店長さんをされていた梶さん(瀧澤はまだお会いしたことがありません)
2018年粕谷さんが出店するRUDDERCOFFEEのphilcoffeaの代表でもあり
かつ船橋コーヒータウン化計画の代表でもあるという まさに船橋のコーヒー革命児ですね。

東武アーバンパークライン 塚田駅

喫茶 いずみ

船橋コーヒー 喫茶いずみこのお茶目な写真は2016年から開催されている船橋珈琲フェスティバルで なみいる強豪を退け2016,2017の連覇したのがこちらの喫茶いずみさん。
船橋珈琲フェスティバルについては 船橋珈琲フェスティバル2017~コーヒーに意志を乗せるということ~ で簡単にですが感想をまとめています。
喫茶いずみのオーナー伊藤さんのマニアックなコーヒーへの愛情ぶりたるや凄まじいものがある、
と 知っている人はみな口を揃えていいます。
瀧澤もそう思います。
当然のごとく自家焙煎ですし、
コーヒーの苦みをここまで滑らかに丸くしてくれるお店はなかなかないです。
個人的にはお勧めの深煎りをネルドリップでデミタスで頂くのが好きです。
ちなみに伊藤さん、ラーメン作りもハマっているようです。
元ラーメン屋の瀧澤とラーメン談義に花咲かせています(笑)

JR西船橋駅

Kakuya Coffee Stand

船橋コーヒー kakuyacoffeestand西船橋の夜のとばりの中オープンしているコーヒースタンドです。
さっき書いた船橋珈琲フェスティバル2連覇の喫茶いずみの伊藤さんに
『彼は天才ですよ』 と言わしめたカクヤさん(漢字どう書くんだろう、(笑)が淹れてくれます。船橋コーヒー kakuyacoffeestand船橋珈琲フェスティバルの時頂いたコーヒーもそうだったのですが
なかなかクセのあるコーヒーを扱うのが好きみたいで(笑)
淹れ方しだいではポテンシャルの半分も引き出せない豆を 自分で焙煎して、
上手にドリップでまとめてくるのが凄いなぁ、って感じです。

8days Cereal

船橋コーヒー 8days Cereal日本でも希少なグラノーラ専門店です。
オーナーの豊田さんが作るグラノーラは 今までのグラノーラの定義をひっくり返すものでした。
間違いなく日本でもトップクラスの品質です。
今はカフェはお休みしていて、グラノーラ販売のみ取り扱っています。
ここのグラノーラをお供にモーニングコーヒーとか幸せ以外の何物でもありません。
最寄りは京成線の海神駅ですがこっちにいれちゃいました(笑)

東葉高速鉄道 船橋日大前

warm heart coffee

船橋コーヒー warmheartcoffee最近Bリーグで話題の船橋ジェッツの本拠地船橋日大前にあるカフェです。
ここの代名詞といえばなんといってもラテアート。
この船橋でもTOPクラスと言われているラテアートを オーダーするとなんと目の前で描いて見せてくれるのです。
お店に行ったらぜひラテアートを頼んでください。
ただし担当バリスタの山崎さんがいらっしゃらない時はできませんので HPでバリスタさんがいるかいないか確認してから行くことをお勧めします。
それと、個人的にお勧めなのが練り切り。
ほどよい甘さと上品な後味がカフェラテによく合います。

JR津田沼駅 京成線京成津田沼駅

brown sound coffee

船橋コーヒー brownsoundcoffeeここまでカフェの才能に溢れたオーナーさんはなかなかお目にかかれません。
老舗の実力派コーヒー焙煎所サカモトコーヒーさんから取り寄せた豆を
ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れてくれます。 船橋コーヒー brownsoundcoffee そしてmagome coffee projectのカンタロさんが嫉妬している(笑)
オーナーのくるみさんのセンスが存分に反映されたお店は
コーヒーを楽しみに来る人も
友達とお喋りしに来る人も
ワンちゃんの散歩をしている人も そこで働くスタッフも
みんなまとめて『優しいbrown』に染めてしまいます。
つい長居してしまう居心地が抜群のお店です。
このブログでも
津田沼のブラウンサウンドコーヒーに学ぶテイクアウトのカフェメニュー
で記事にさせていただいています。

新京成電鉄 鎌ヶ谷大仏駅

oven+

船橋コーヒー oven+2017/11/28にオープンしたばかりの オーブン料理専門のカフェレストランです。 豚バラ肉をローストしたイタリアの郷土料理ポルケッタや oven+ ポルケッタローストビーフといったオーブン料理をメインに ワインを中心としたアルコールも楽しめる 今回あげたお店の中で一番本格的な料理が楽しめるお店です。
コーヒー豆はmagome coffee projectさんから仕入れていて ハンドドリップとエアロプレスで選ぶことができます。

ベーカリーハイジ

白井市 ベーカリーハイジ パン屋白井市 ベーカリーハイジ パン20年以上の歴史を持つ老舗のパン屋さんです。
2017年の船橋珈琲フェスティバルに出店したところ 用意したパンが立ちどころに売り切れてしまった大人気店です。
magome coffee projectさんや船橋の実力派のラーメン店『いさりび』さんと コラボレーションして商品開発していることでも話題です。
このブログでも 白井市ベーカリーハイジさんから学ぶ読みたくなるチラシの作り方 の記事で書かせていただきました。

おまけ

つけ麺 目黒屋

つけ麺目黒屋つけ麺目黒屋 店頭馬込沢で今年11年を迎える 千葉県TOPクラスの自家製麺が売りの大人気ラーメン店です。
麺の美味しさを素直に味わうならつけ麺がお勧めです。
寒い季節は『あつもり』もありますが 冬の冷水でキュッっと〆た『冷もり』は 麺の美味しさがマックスで味わえる一杯になっています。
馬込沢のアニキとして寄せ書きに参加していただいたのでこちらでも紹介させていただきました。
このブログでも 鎌ヶ谷の名店つけ麺目黒屋さんに学ぶ理想的なメニューの増やし方 で記事にさせていただいています。

フードビジネス徹底分析メルマガ カフェ・飲食店開業チェックシート

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)