カフェや飲食店がサイトを作る際にお勧めのワードプレスの有料テーマをまとめました。

カフェや飲食店・レストランがワードプレスのテーマを選ぶ3つのポイント

初心者でも使いやすい

これからお店を始めようとする方で
パソコンをバリバリ使える、
という方は少ないのでないでしょうか?
むしろ飲食店経験者であればあるほど、
現場経験に費やした時間が多く
その結果、スマホでできるSNSは扱ったことあるけど
ワードプレスを使うのは今回が初めて、
という方が多いかと思います。
そんな方に必要なのはなにより『使いやすさ』です。
この点に関しては、ここでご紹介する有料テーマを使ったら
もう無料には戻れません。
使いやすいテーマを選ぶことで
忙しい店舗営業の合間にも更新が可能になり
作業効率の向上及びに
ストレスレスと時間短縮が可能になります。
店舗でいうと、
最初からメニューやアクセス
または予約フォームがついていたり

WEB販売に対応できている
などがあると便利ですね。
(ついていなくてもそれほど手間かからず自作できますが)
詳しくはお店のコンセプトに照らして判断してください。

料理の写真が映える

ワードプレスのテーマはいろいろありますが
フードやドリンクを提供する以上写真の影響力が大きくなります。
テーマの中でも、
写真のサイズを変更できるもの
TOPにビジュアルを大きく設定できるもの
画質が綺麗に映るもの
などを選びましょう。

サポートが充実している(わからない時に質問できる)

初心者でも使いやすいにも書きましたが
これから店舗を始める方は、
一般の方よりPCやワードプレスの経験が少ない方が多いと思われます。
そこでふまえておきたいのか
わからないこと、トラブルが起こった時にどうするか?
です。
ワードプレスは日本はもちろん
世界中で使われているプラットフォームなので
基本検索すれば答えは出てきますが
テーマの中身についてはあまりでてきません。
操作がわからない、不明なメッセージがあるなど
については、質問手段があることが望ましいです。
テーマを購入すると
どこまでサポートが受けられるのか?
サポートの範囲は?
いつまでサポートしてもらえるのか?
などを確認してから購入しましょう。

コンセプトをアクティブに伝える『AMORE』

国内最高水準のパララックスを実現した
ワンランク上のレストラン集客用WordPressテーマ AMORE

このテーマの特徴はスクロールすると
異なるスピードで動作するパララックスデザインですね。
立体感や奥行きを視覚で体験させ
視覚的な美しさを表現することが可能になり
サイトトップからメニューやコンセプトといった、
お店の魅力を映画のように伝えることができます。
詳しくはリンク先のデモサイトで確認して下さい。
サイトカスタマイズも
ロゴの設定、グローバルメニュー、
サイドバー・フッターのコンテンツ入れ替え、
記事内のフォントサイズ、カラー設定など
多種多様にわたるのでコンセプトに沿ったサイト作りが可能です。

デザイン・SEO・サポート3拍子揃った『DIVER』


驚異の集客力と美しいデザイン 最新SEO対策済み!wordpressテーマ「Diver」

このテーマは飲食店用に作られたものでこそありませんが
初心者でも直感的に扱える使いやすさ
頻繁なアップロードによるSEO内部対策
そしてなにより無期限、無制限でメールサポートが使えることです。
機能に関してはもちろん、
普通ならテーマのサポート範囲に入らない
CSSやHTMLも相談にのってくれます。
実はこのサイトも(2019/1/1現在)DIVERなのですが
メールサポートには本当に色々助けていただきました。
カスタマイズバリエーションも豊富で
店舗コンセプトの反映もばっちりですし
飲食店ならあってほしいファーストビューに画像を大きく設置することも可能です。

カフェのECサイトの運営をよりシンプルに 『ICONIC』


ECサイトで席数に頼らない売上を実現する ICONIC

飲食業の中で、一番厳しい経営が予想されるのはカフェ業態です。
なぜなら、低単価・低客数の中店舗運営をする必要があるからです。
詳しくは
カフェのビジネスモデルは客数×客単価では成り立たない!
の記事を読んでください。

カフェのビジネスモデルは客数×客単価では成り立たない!

この時、お店の経営を支えうる大きな柱となるのがテイクアウト販売
さらにはWEBから注文を受けて販売するビジネスモデルを作ることで
席数に頼らない売上を作ることができます。
その時にカラーミーショップやBASEといった
既存のプラットフォームを使わずに
ワードプレスで自サイトで決済機能を付けて対応する
という選択肢もあります。
その時にこのテーマを使うと
決済プラグイン『Welcart(ウェルカート)』をベースに
ECサイトによる販売ができるサイトを作ることができます。

ギャラリーコンテンツで王道カフェサイトが作れる 『SWEETY』

美しい商品ギャラリーで魅惑のウェブサイトを。
喫茶店・飲食店向けのWordPressテーマ SWEETY

まずカスタマイズですが
ロゴ、ヘッダースライダー、メインコピー、リードコピー
といった一般的機能はもちろん
カフェに限らず飲食店やレストランのサイトに必要な
商品ギャラリー、お知らせ記事一覧、ブログ記事一覧、地図
にも対応しているので
テーマを埋めるだけでカフェのサイトが自然に完成します。
またファーストビューのインパクトも強く
ヘッダースライダーも設定が可能なうえに
メニューをまるでInstagramのように載せることができる
ギャラリーコンテンツ機能でメニューを視覚でアピールできます。

スタイリッシュなギャラリーでブランディング 『BLOC』

シンプル且つクールなフラットデザインWordPressテーマ BLOC

『SWEETY』よりもクラシックかつスタイリッシュなデザインです。
打ち出したいメニューがはっきりしていて
それが3~5に収まる場合
そのメニューの魅力を存分に伝えることができるテーマです。
もちろんメニューじゃなくてもコンセプトでも表現は可能でしょう。

和をモチーフに店舗が欲しい機能が満載 『KADAN』

和サイトに必須 縦書き機能をWordPressテーマに実装 『KADAN』

和カフェ、割烹、を始めとする
『日本』や『和』をコンセプトにした店舗に
縦書き表示を始めとするインバウンドにも強い
和ベースのデザインももちろんお勧めなのですが
料理のコースやプラン
おすすめメニューのピックアップ
お客様の声

ロゴマーク付きのGoogleマップピンマーカー表示
といったと店舗が欲しい機能が数多く実装されています。
カスタマイズもTOPページは
多彩なレイアウトから選べるので
他の店舗とサイトデザインで差別化することが可能です。

TOP動画でサイト訪問者をあなたのお店のお客様に 『Switch』

美しいビジュアルとメディアがミックスすることで
店舗サイトで潜在的な顧客の獲得する Switch

もし店舗コンセプトに基づいて
あなたが完成度の高い動画を作る、
もしくは誰かに頼むことができるならばお勧めのテーマです。
デモサイトをみていただければわかりますが
まるで映画の予告編な世界観で
サイト訪問者をあなたのお店に導いてくれます。
てか、このデサイトのムービーそのままカフェに使えそうですし(笑)
カスタマイズも
サービス概要やプラン詳細ページが簡単に作成できる
3タイプの固定ページテンプレートといった店舗に必要なものはもちろん
『4点画像とテキスト』『3カラムコンテンツ』『キャッチフレーズと説明文』
独自コンテンツの挿入ができる『フリースペース』など、
幅広いカスタマイズが可能です。

 

  CafeSK カフェサク お問い合わせ   note登録バナー 
おすすめの記事