珈琲とワインの店 三間堂さん クワイエットエリアなカフェを探している方へ

 
 
 

東京都文京区の『珈琲とワインの店 三間堂』さん
空間やコーヒーがとても素晴らしいお店なのですが
海外で広まりつつある
『クワイエットエリア』なカフェや
お店を探している感覚過敏な方。
特に『視覚過敏』の方にもお勧めと思われます。

東京都文京区東大前 『珈琲とワインの店 三間堂』さん

最寄の駅は東京メトロ南北線『東大前駅』
この日は谷根千に用事があったので
少し足の延ばして向かいました。

不忍通りから坂を上るのですが
途中左手に根津神社の入口が見えます。

根津神社 入口

 

 

ちなみに境内は緑あふれる静謐な空間です。

 

根津神社 境内

根津神社 境内

 

根津神社 入口

 

 

根津神社を横目に坂を上り
傾斜がほぼなくなったところにあるのが三間堂さん

 

東京都文京区東大前 『珈琲とワインの店 三間堂』さん

 

東京都文京区東大前 『珈琲とワインの店 三間堂』さん

 

 

 

伺ったのは9月初旬の午後3時過ぎ
まだまだ明るい時間帯

しかしお店に入ると一気に世界が変わります。

 

東京都文京区東大前 『珈琲とワインの店 三間堂』さん

 

東京都文京区東大前 『珈琲とワインの店 三間堂』さん

 

陽の光に慣れた目には
店内を見渡せるまで少し時間がかかる
最低限の照度です。
灯もオレンジ色が使われ
その多くは間接照明でした。

その灯の中カウンターに並べられた一杯のアンティーク
和とも洋も言い切れない独特なお店の内装

入り口の

『店内 お静かにお過ごしくださいますよう』

の但し書き

もしかしたらオーナーさん
気難しい方かな?
とちょっと思ってしまったのですが

入店時に柔らかい声で
丁寧なお声がけを頂いて
その心配は杞憂だったとわかり一安心。

改めて店内を見渡すと
特異な世界観に引き込まれます。

東京都文京区東大前 『珈琲とワインの店 三間堂』さん

 

東京都文京区東大前 『珈琲とワインの店 三間堂』さん

 

珈琲とワインの店 三間堂 内装

 

 

三間堂さんオリジナルブレンド『夜想』と
ナッツとラムレーズンのパウンドケーキをお願いしました。

BGMも流れてはいますが
時間を邪魔しない音量で
淹れているネルからコーヒーの滴が
ポタ・・・・ポタと
落ちてゆく音がはっきりと聞こえるほどです。

 

珈琲とワインの店 三間堂 ブレンド『夜想』

珈琲とワインの店 三間堂 季節のパウンドケーキ

夜想ブレンドは深く、苦くでも爽やかな一杯
自家焙煎にネルドリップと
オーナーさんのコーヒーへの強いこだわりが
あるのは間違いないのに
だされたコーヒーから受けたイメージは
このバリスタのこだわりの一杯をとくと味わえではなく

『時間のお供にコーヒーをどうぞ』

でした。

コーヒーも流れる時間も
たまらなく素晴らしいお店です。

 

クワイエットエリア・アワーのカフェを探している方にぜひ行って欲しい

クワイエットエリアのカフェを探している方にぜひ行って欲しい

 

クワイエットエリア(クワイエットアワー)とは?

クワイエットエリアとは?

 

まずクワイエットエリアを説明する前に
クワイエットアワーの解説を。
クワイエットアワーとは
商業施設などで
日常の音や景色の光や周りの匂いに敏感で
普通の人より眩しく感じたり、キツイ匂いに感じたり
騒音に感じてしまい、日常的に困っている発達障害
(自閉性障害やアスペルガー障害など)
や感覚過敏の人たちに配慮し、BGMやアナウンスなくし、
店内の照明の照度を低くする時間帯のこと。
また同様の意図をもったエリアのことを
クワイエットエリアと言います。

イギリス、アイルランド、ニュージーランド
ポーランド、スイスなどの
スーパーマーケットで試験期間を経て
実施されている店舗が多数あります。

薄暗い店内で静かに買い物 欧州のスーパーが導入、発達障害者に優しい「クワイエットアワー」

日本でも2019年に神奈川県川崎市
新百合ヶ丘イオンで試験的に実施されました。

日本初! 新百合ヶ丘イオンで「クワイエットアワー」を実施の記事|新百合ヶ丘川崎市麻生区|ロコっち

感覚過敏についてはこちらのサイトで詳しく解説しています。

感覚過敏とは

ただ日本でクワイエットアワーを実施している
カフェやレストラン、飲食店はまだ聞いたことがありません。

『クワイエットアワー カフェ 日本』
『クワイエットアワー 飲食店 日本』
『クワイエットアワー レストラン 日本』

でgoogle検索してみたり
Twitterで調べてみましたが
2020年9月現在は特定の店舗はでてこないですね。

ただクワイエットアワーという特定の時間帯ではなく
そのお店のコンセプトや営業スタイルが
感覚過敏の方でも落ち着いた時間を
過ごすことができるものである
ということは十分ありえることです。

三間堂さんは視覚過敏の方に優しいお店かもしれません

三間堂さんは視覚過敏の方に優しいお店

 

 

その中で三間堂さんは
照明度合いが非常に低く
視覚過敏の方でもゆっくりとコーヒーと時間を
夜ならワインも楽しむことができるのではないかと思います。

軽度の聴覚過敏の方でもゆっくり過ごせるお店かもしれません

軽度の聴覚過敏の方でもゆっくり過ごせるお店かもしれません

また三間堂さんは
『店舗利用時は2人以下で』
『会話は小声で』
『PC利用禁止』
(ビデオミーティングやPCのキーボード音もない)
のお店です。

BGMはかかっていますが
先ほど書いた通り
ネルドリップのコーヒーの雫が
下に滴り落ちる音や
オーナーさんが読んでいる本のページをめくる音が
聞きとれるくらいの静かです。

なので聴覚過敏の方でも
より良い時間が過ごせるお店かもしれません。

 

最後に私は感覚過敏ではありませんので
三間堂さんが感覚過敏の方にとって
実際にどう感じるかはわかりませんので
お店のご利用については自己責任でお願いいたします。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP