都心空中階を攻めるコミュニティカフェの軌跡 IN カフェインスクエア

2017年2月27日に、池袋東口のビル6階にある
カフェインスクエアさんのコミュニティカフェとしての道のりを
飲食店起業のストックビジネスの必要性でも参考にさせていただいた
ベストセラーとなっているストックビジネスの教科書の著者であり
瀧澤が普段から仲良くさせていただいている
株式会社アットオフィス代表取締役大竹啓裕社長がパネルディスカッション形式で話していくというトークイベント
こちらに瀧澤はゲストスピーカーとして参加させていただきました。

コミュニティカフェの軌跡 

左から、司会のコミュニティの作り方講座主宰 トニー木下氏、大竹社長、ゲストスピーカーの空組住環工房代表 上村尚寛氏、瀧澤

コミュニティカフェの軌跡 

コミュニティカフェの軌跡 

コミュニティカフェの軌跡 

参加者も参加型のイベントで大盛り上がりでした

ビル6階という立地条件でいかにカフェを運営するか

トークイベント内でもネタになっていましたが
これからビルの大空室時代がスタートしていますが
その時にビルの価値をあげるためにカフェを併設したいというニーズや
ビル利用者の満足度をあげるためにビル内にカフェが欲しいというニーズがでてきいるそうです。
(ビル内に欲しいものは、コンビニとカフェが2TOPだそうです)
とはいえ、1階じゃないカフェ経営は相当難しい。
そこにたいして実験的にオープンした【カフェインスクエアの事例】をベースに
コミュニティカフェについて熱いトークセッションが繰り広げられました。
このイベントに参加させていただき本当に光栄でした。
お声がけいただいた、大竹社長、木下さん、本当にありがとうございました。

note登録
おすすめの記事