鎌ヶ谷の名店つけ麺目黒屋さんに学ぶ理想的なメニューの増やし方

鎌ヶ谷の名店つけ麺目黒屋さんに学ぶ理想的なメニューの増やし方

2017年10月で11周年を迎える千葉県鎌ケ谷市つけ麺目黒屋

千葉県下で麺が絶品であると評判のつけ麺目黒屋
千葉県津田沼の必勝軒で修業を積み、
必勝軒で最初の公認弟子認定を受け開業。
高い製麺技術と粉へのこだわりで作り出した自家製麺を武器に
開店して即行列店となりました。
とはいえ、開店時は行列できていても10年後まで行列ができいるお店は稀です。
しかも目黒屋さんがある千葉県鎌ヶ谷市馬込沢は閑静、というか
ひっそりとした住宅街で都内からのアクセスもいいとは言えない。
地元の人の心をつかみ続けた理由
その1つとして言えるのが、バラエティ豊かなメニュー。

つけ麺目黒屋 メニュー

開店時はつけ麺とラーメンしかなかった

とはいえメニュー数を増やすというのは個人店ではリスクになります。
開店時は、メニューの数よりも1つ1つのクオリティの高さにこだわらなければなりません。
たいしたことのないメニューがいくらあってもお客様は常連になりません。
勝負できるたった1つのお店のメニューこそが大事。
とはいえ、同じメニューしかないと飽きが来るのも事実。
そこで、クオリティの高い新メニューを1つずつ追加していくのが理想になります。
それを実践しているのがこの目黒屋さん
オープンした時はつけ麺とラーメンだけでした。

つけ麺目黒屋 つけ麺 img_2302この屋号にもしているつけ麺がまさに絶品。
当然のごとく大人気になりました。
特に麺が千葉県一と書くメディアもあるほど。
その麺に負けない濃厚豚骨魚介スープの相性たるや
中盛り300gがあっという間になくなってしまいます。
あまりに麺が美味しいので
生卵に醤油を垂らして麺を絡めたり
海苔で巻いて食べてみたり新しい食べ方ができるほどでした。
って、これ瀧澤の食べ方なんですけどね(笑)

つけ麺目黒屋 お勧め食べ方

1つずつ、強烈なメニューを増やしてきた結果の豊富なメニュー

つけ麺、特に麺という確固たるお店の軸となるメニューを確立させた後
レトロ系中華そばやタンメン、味噌ラーメンといった
地元の方要望のあった定番物から
勝浦風タンタンメンや
阿波尾鶏を使った阿波尾鶏麺など
麺の美味しさを存分に生かした個性的新メニューを
1つずつ増やしていった結果
メニュー数が増えててもクオリティが高いままを可能にしたのです。

img_2346 img_2740

つけ麺目黒屋 メニュー

それを可能にした強烈な麺のクオリティ

つけ麺が支持されたのも
新メニュー開発が成功したのも
自家製麵を使ったつけ麺という自店の勝負ポイントを把握し、
そこを徹底的に磨き上げ絶対的な武器に仕上げたのち
それを軸に新メニューを1ずつ開発したことにあります。
結構早めに閉まってしまうラーメン店にありがちなのが
開店から『醤油』『塩』『味噌』などメニュー数をそろえてしまい
1つ1つのクオリティが普通になってしまう場合が多いです。
これの考え方はカフェでも繁盛するには必須の考え。
まず勝負できるメニューを1つ確立してから新メニューを開発してみましょう。

フードビジネス徹底分析メルマガ カフェ・飲食店開業チェックシート

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.