Customer Interview 進学塾Axel 代表 菅原 隆祥さん 

菅原さんはご自身が店舗に立つ立場ではなく
普段は進学塾Axelの代表としてご活躍されています。
なぜ進学塾を運営しつつも
カフェのカフェオーナーになろうと決断したのか

出資する側の立場で今回コンサルティングを受けていただいた
感想などをお聞きしました。

今やっていること。(仕事or活動)

冒頭でも書きましたが
菅原さんは進学塾経営者であって
飲食業経験は全くない立場でのカフェの出資者になることになった。

なぜカフェオーナーになる決断を下したのか。

それを知るにはまず今の進学塾
いや今の菅原さんのことを聞いておきたい。

Customer Interview 進学塾Axel 代表 菅原 隆祥さん 

 

 

 

以前は大手学習塾で働いていました。
 
大学を卒業した後、大手の学習塾に勤めていたんですけど
そこでは先生たちは、過酷な労働条件では働かされていたんです。
 
子供達の未来のための仕事と思うと確かにやりがいはありましたが
 
先生の熱意を利用して一部の経営陣だけが利益にあやかる。
生徒は入塾するまでは丁寧に扱い、入塾後は放置。
 
 
そんなそんなビジネスモデルに違和感を感じていました。

 

そんな職場なので離職率も高くて・・・・・
 
高い広告費と求人費、教育費を考えるなら
スタッフ一人一人大切にした企業を作った方が効率がいい。
 
なによりみんなが満足していい会社になるんじゃないかと思いました。
 
 
職場の同僚は
「塾なんてどこもこんなもんだよ。」
と諦めている様子でしたし就職する前は目を輝かせていた同期も
現場につき、日が経つにつれて疲労とストレスで愚痴ばかりになっていきました。
 
先生が生き生き働ける塾がどこにもないなら
自分で作ろうと学習塾の起業を決意したんです。

 

それで今は千葉県で「進学塾Axel」という学習塾を2店舗経営しています。
 

 

船橋市の夏見台に1校目
 
たしか『喫茶いずみ』さんのすぐ近く。
 
そして松戸市の古ヶ崎に2校目でしたよね。

 

喫茶いずみさんとは
千葉県船橋市にある自家焙煎珈琲店。
オーナーさんのコーヒーへの探求心と多彩の知識
そして豊富な経験に裏付けされた一杯のコーヒーを淹れる
実力は県下でも折り紙付きで
船橋珈琲フェスティバル2016,2017の連覇するなど
瀧澤も全力でお勧めでできる素晴らしい自家焙煎珈琲店です。

このサイトでも喫茶いずみさんは
カフェコンサルタントお勧め!船橋市で美味しいコーヒーが飲めるお店
の記事でお勧めさせていただきました。

 

そうです。その喫茶いずみさんのすぐ近くです(笑)
 
 
塾のコンセプトとしては
 
「1校集中」
 
を掲げて運営しています。
 
 
「1校集中」って何かというとその塾の近くにある1つの中学校にターゲットを絞って地域密着で塾を運営していく形なのですが
このスタイルだと
 
・定期テスト対策に向けての質が格段に上がること
・塾内に一体感が生まれること
・定期テスト前には全体が異常に盛り上がること
 
といったメリットが生まれるんですよ。

 

それいいですねー。

一番身近な定期テストで結果がでると

受講生のモチベーションもばっちりあがりそうだし

 

そうなんですよ!
 
定期テストの日は朝から塾を解放する
 
「Morning Axel」ってのをやっているんですけど
 
自由参加にも関わらず
 
塾生のほとんど全員が参加する人気イベントになっています。

 

また定期テストのたびに、生徒にMissionを渡すんです
 
「85点以上をクラス合計10枚とろう」
 
のような感じのを。
 
 
そのMissionをクリアするとMission達成パーティをするんですよ。
 
前回のパーティでは今回のカフェの現場を任せる
二人がやフードをケータリングしてくれ
イベントスタッフとして盛り上げてくれました。

 

まさに進学塾として理想的な運営をしている今
 
なぜまったく他業種で
 
決して利益率が高いわけではなく
 
むしろ初期投資も大きいカフェに
 
出資者として関わりたいと思った理由ってなんだったのかな?

 

 

mission達成イベントで手伝ってくれた彼の今が、昔の自分に重なったんです。
 
自分は塾を作ることで、自分の自由に働ける空間を手に入れました。
 
彼も今自分の好きな業界にいるにも関わらず
 
自分のやりたいことを十分に叶えることができずにいる。 
 
彼のことは学生の頃からよく知っている。
周りの人の幸せを考えるのが大好きなとても優しい人柄です。
 
 
彼ならお互いの気持ちを理解しあえる優しい職場を作ってくれると思ったんです。

 

なるほど。

だからこそ決して安くない金額を投資して
カフェをはじめるんだね。
 
その上で、カフェで描きたい時間ってどんなイメージを持ってる?

僕は塾が生徒たちの居場所になって欲しいと思っています。
 
生徒たちもそれを理解してくれています。
 
生徒たちは嬉しいことや嫌なことがあった時は
授業がない時も塾にきて話をしてくれます。
 
夜中に家出して塾に来る子もいました。
 
「居場所」があることは人の原動力になると思います。
 
同じように、自分たちの作るカフェが
お客様にとっての「居場所」となってくれたら嬉しいです。

 

下の写真は菅原さんとその受講生達。
生徒たちの『居場所』になっていることがよくわかる一枚だ。

進学塾Axel アクセル

 

事業計画書作成サポートをやってみてどうでした?

事業計画書作成サポートをやってみてどうでした?

 

 

実際この事業計画書作成フレームで作ってみてどうでした?
 
結構な量だったとは思いますが・・・・(笑)

 

カフェを実際に運営してくれるメンバー達は
アイデアを膨らませるのは得意だけど
まとめるのは苦手なメンバーなので(笑)大変な量で辛かったですが、
だからこそやって良かったです。

事業計画を作るってやらないと
 
その効果がわからないものなのですが
 
実際に作ってみて、作成前と後の違いってどこに感じました?

文字に起こすことで具体化できたので
自分の考えとメンバーのそれぞれの考えの違いも分かりました。
 
例えば物販をやりたい!
って女性メンバーがいるんですが
物販って一言で言ってもやったことがないと
ピンとこないことあるじゃないですか?
 
彼女の考えてることがなかなか理解できてなくて・・・・
それがこの事業計画書作成を通して
みんなでシェアして思考を統一できたのは大きいかなと。
 
この後話し合うことでさらにコンセプトからの一貫性のある美しい形に仕上がる感じがします。

 

項目も細分化していて、数も多くて・・・
 
ペルソナの作り込みや、能力の棚卸しは
正直、ここまでやるの、と(笑)

 

ほんと大変な思いで作ってくれてありがとうございます(笑)
 
その事業計画書に対して結構な量フィードバックいれたんだけど
どのあたりのが記憶に残ってるかな?

嬉しかったのはカフェにあった立地の提案を複数していただいたこと。
 
家から近いとか、人通りが多そうとか、近くに集合住宅があるとか
 
そう言った目線でいい立地を調べてたけど
 
顧客層や、世帯年収、実店舗の情報を
交えて勧めてくださったのがすごく頼りになった。また参考店としてコンセプトや予算に合わせた
実店舗を紹介してもらったことと
フィードバックしてもらったカフェも参考にできる店舗を選んでいただいたことですね。

 

そうなんですよ!
 
ミーティングしたカフェも実は事例だったんですが、いかがでした?

 

僕個人としてはすごく気に入りました!
 
僕は無駄が嫌いで、業務が煩雑になるのが嫌いなので 
店舗の作り(無駄のないすっきりとしたキッチン、客席)
メニューの選び方(コーヒーとパニーニ) 
オペレーション。
 
すべてが美しいと思いました。

 

菅原さんとの打ち合わせで使ったのは
このサイトでも度々記事で書いている
brown sound cofffeeさん

brownsoundcoffee(ブラウンサウンドコーヒー) 看板

brownsoundcoffee(ブラウンサウンドコーヒー) ラテアート

 

カフェとしての佇まいはもちろん
スタッフさんの動き方やオペレーションなども
とても参考になるお店です。

 

それと要望に合わせた形の提案をしてくれたことは助かりました。
 
資金の不足を「なるべく借金したくない」の希望に合わせて
 
郊外での出店や出店時期を遅らせたり
クラファンの利用などを勧めてくれて・・・・実際にたっきーさんにフィードバックをいただいて10万円でこれだけのアドバイスをいただけるのならかなりお得かなと。

 

わぁ、嬉しい(笑)

 

なにより3人の頭の中にあるものが言語化できたのが本当にやって良かったと。
 
コンセプトとサービスを照らし合わせて考えた時に
コンセプトの中でも打ち出して
ターゲットに刺さるものと刺さらないものがあると考え
コンセプトをインナーとアウターに分けることができたんです。
 
また新規顧客獲得のために打ち出すものは物語と自家焙煎。
ファンを増やすための個人密着。で人をつなげるゆく
という役割分担をするようにすることにたどり着いて
またその意識をメンバーで統一を図ることができた。
でフィードバックをうけて、
自店の長所と現時点の短所を自覚できました。
 
また購入物品をすべてリストアップできたので
開店直前にあれがない
これがないってことがなくて済みそうですし
その際に購入品を1つ1つ価格設定し、開業費用をだしたので
より正確に利益予測、初期費用予測ができました。
 
また最初も事業計画書に必要な情報をまとめられたので、
店舗展開するときに、ブレることがなく、負担も少なくできそうだと感じました。

 

最後に瀧澤ってどんな人でした?(笑)

最後に瀧澤ってどんな人でした?(笑)

 

コンサルって堅いイメージがあってたんですが
たっきーさんはほんとうに気さくで話しやすかったです。
 
でも、フィードバックの時は
自分たちのコンセプトに合わせて
沢山の情報やアドバイスをくれて。
 
色々と気を遣って下さって
ほんとうに僕らの成功っていうか幸せを願ってくれてるんだって感じました。
 
コンサルっていうより、すごく頼れる兄貴って感じです!

 

そういってもらえて
こちらも本当に嬉しいです。

熱い想いに類まれない行動力を備えている
すがっちはきっとくるお客様が
(実はすがっちと呼んでいました。お客さんなのに(笑)
『このカフェは自分の居場所なんだ。いていいんだ』
と思う場所作りを
塾でもカフェでも表現していくことでしょう。
カフェがはじまる時が今から本当に楽しみです。

 

  CafeSK カフェサク お問い合わせ 事業計画書作成サポートの詳細や ご依頼をご希望の方はこちら 事業計画書作成サポートの詳細とサービスの意義 カフェをはじめるまでのスケジュールを知りたい方はこちら 失敗しないカフェ開業スケジュール表 ~準備とやること~ note登録バナー 
おすすめの記事