根津の炭聖が肉の聖地となりえた立地的2つの要因

根津の炭聖が肉の聖地となりえた立地的2つの要因

肉好きの聖地 炭聖

千代田線根津駅、千駄木駅からそれそれ10分弱。
知る人ぞ知る焼肉店炭聖さん

炭聖 入口
100gから頼めるリアルギャートルズの
『赤身ステーキ』
『幸せのじゅうたん』の名のサーロイン
上タン塩やカルビの焼肉はもちろん
ガツ刺しといったサイドメニューもばっちし

A5ランクの中でも、さらに肉質最強のお店なのです。

炭聖 赤身ステーキ

炭聖 レバー

炭聖 上ハラミ

炭聖 ガツ刺し

そしてこのお店が肉の聖地と言われる理由は
これだけ上物の焼肉を食べて飲んで6000~8000円
で済むというコストパフォーマンスのよさ!
普通このクラスを食べたら13000~と思われます。
なせ、この価格で提供できるのか
それには立地的は2つの理由があります。

固定費を抑えることで価格を抑えた

まずは谷根千という立地
どちらかといえば、下町情緒が色濃く残る街
そこまで土地価格は高くはありません。
さらに、駅から10分歩く、距離なうえに
2階の店舗。
まず家賃という固定費を抑えることが
あの高級肉をリーズナブルな価格で提供できるポイントです。

肉の価値に比べて価格が異常に安いことに気づく人達がいた


とはいえ、もし家賃を抑えて低価格路線でうまくいくのであれば他のお店も
成功しているはずです。
実は、これが本来なかなかうまくいかない。
なぜか、その肉の価値に気付いてくれる人がいなければいけないのです。
一般的に世帯収入の高さと家賃や土地の価格は比例します。
では、なぜ谷根千という下町に、本来1万オーバーの肉がリーズナブルだ!
と気付けたのか
7000円という価格だけ見て『高い』と判断しなかったのか。
炭聖を出て左に行けば、千駄木。右に行けば根津なのですが
直進して坂を上るとそこは白山と呼ばれる土地。
昔からの土地持ち資産家が多い、経済的に余裕のある世帯が多く住む地域。
つまり、1万オーバーの肉に合う機会が多く住んでおり
結果炭聖に行った時
これは安い!
と気付いたわけです。

・家賃で価格を抑える
・肉の本来の価値を知っている人がいる
この2つの立地的条件が揃ったので、炭聖は肉の聖地となりえたのです。

フードビジネス徹底分析メルマガ カフェ・飲食店開業チェックシート

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.