危機管理

1つ目が危機管理
つまりアクシデントがあった時の対応能力が近いと圧倒的に強いことです。
珈琲豆で例えましょう。
値段的には安くでネットで仕入れることができる珈琲豆と
近くの焙煎をやっている珈琲店があって価格的には少し高い珈琲豆
種類の差はあれど対して差が無い場合、瀧澤は近くのお店を選びます。
床にこぼした、発注量間違えた、などなどトラブルで珈琲豆がなくなる理由なんていくらでもあります。
その時買いに行ける距離ならアルバイトさんに行ってきてもらえばいいし、もしかしたら届けてくれるかもしれません。
ネット発注だとどんなに早くても次の日でしょう。
カフェのメニューが多少のトラブルがあっても切らさないようにできる、というのは大きなメリットです。

圧倒的な広告効果

そして2つ目が宣伝効果です。
誰が宣伝してくれる?珈琲豆の仕入先がです。
自分のお店の豆を卸すというのは、
珈琲焙煎をしているところにとってはビジネスモデルの1つであると同時に
ステータスでもあります。
自分のところに豆を買いに来た常連さんにきっとこういうでしょう。

『最近さ、あそこにカフェできたでしょう?そうそうあの交差点のところの。
あそこにうちの豆卸しているんだけどオーナーさんいい人でさ
この前お店にもいったけどキレイだし甘いものも美味しかったよー。』
近くのお店から仕入れるだけで
カフェに限らず飲食店なら
のどから手が出るほど欲しい
いい評判の口コミが高確率で発生するんです。

この口コミだけでも多少高くても近くからとる価値はあります。

note登録
おすすめの記事