著者紹介

著者紹介

【瀧澤 陽介】

一日の客数50人のままで利益を一桁あげるカフェコンサルタント 瀧澤陽介 獨協大学経済学部卒 イタリアンレストランとラーメン店で働き料理人歴10年以上。

 その中で『美味しくて行列しているラーメン店』と『美味しくて売れないラーメン店』の2店で働き
『美味しいのに売れないのはなんでだろう』
と疑問にもち休日を利用しその謎を徹底的に調べ始める。

 調べる中で『低単価・低客数』で経営しているカフェのビジネスモデルに興味を持ち、実際にカフェで働いて調査するかたわら、
『相談に乗ってくれないか』というラーメン店やカフェの経営相談を休日を利用して始め、2013年コンサルタントとして独立。
 店舗で働いた経験やコンサルティングのノウハウをもとに作り出した
【繁盛店になるための3大戦略】
【低単価、低客数のカフェのビジネスモデルは『売上=客数×客単価』ではない】
の理念でカフェを専門にコンサルティング

 直近で担当したカフェは、駅から徒歩5分の立地で 値引きやチラシや広告一切なしで開店日に130人の来客を実現し土日のランチタイムには行列ができるほどの人気店に。
 また別のクライアントさんはLINEニュースで特集されたり、『メレンゲの気持ち』が取材などクライアントのメディア紹介実績も豊富。

 また自身のカフェコンサルタントとして高単価コンテンツとストックビジネスを作り上げた
『フード特化型ビジネスモデル』をベースに
 独立している管理栄養士の方や料理教室の先生・フードコーディネーターをはじめとする
週末の仕事を本業にしたい人のためのビジネスモデルをコンサルティング。
 クライアントさん独自のサービスと独自のビジネスモデルを作りあげることで
フランチャイズ型や協会ビジネス型では成しえないビジネスモデルをコンサルティング 

 『飲食業態で一番厳しいカフェ経営をしているカフェオーナーさんで、はっきりと売上の限界が見えてしまっている方』 
 『カフェや飲食店を開業する実力ややる気はあるのに資金が足りなくて悩んでいる方や、飲食店経営の具体的な<リスクの潰し方』>がわからなくて足踏みしてしまっている方』
 『飲食店で働いている自分には、店舗を自分で出すか、店舗で雇われ続けるか、の2択しかないのか?これまでの経験を活かせる第3の選択肢は存在しないのか?と本気で自分の未来に悩んでいる、諦めかけている方』

 な方のお役に立つべく日々コンサルティングをしている。

瀧澤が飲食業界で働いてから、フードコンサルタントと独立するまでのお話しはこちら
飲食業界からお店無しで起業して3年経ちました